太陽の道ソルロック

太陽さんの日常を書く 

漫研に全然行ってない話 ~新たな決意編~

 

お久しぶりです。ソルロックです。

リアル事情が忙しくてしばらく記事を書けないほどに忙殺されていました。

少々落ち着いてきたのでまたしばらくは更新頻度を上げていきたいと思います。

 

 

ところで

私が最初に書いた記事を覚えていますか?

そうです、私がジャーナリズム研究会と袂を分かった理由を書いたあれですね。

その記事の最後の文章にはこう書いてありました。

 

せんぽけはやめません!漫研もやめません!だって大好きですもの!

 

しかし、ブログ更新をさぼっていた時期、6月ごろに思わぬ急展開が待っていました。漫研にてFGOアンチ、FGOアレルギーに成ってしまったのです。そして実質FGOサークルとなっていた漫研に幽霊チャレンジを決めてしまいました。そのまま夏休みの合宿もさぼり、ずるずる引きずり。。。

 

一つの集大成である文化祭すら、一切顔を出さないまま今日まで過ごしてしまいました。大好きだったという気持ちは何だったのか……

 

正直自分が心配になってきます。

 

今更漫研に顔出しづらいが、オタクたちのFGOブームも最近落ち着いてきたので、久しぶりに顔を出したい今日この頃です。

Fateのためにフレンズと疎遠になってしまうのは非常にもったいないことだと今は感じます。今年卒業してしまう4年生にも仲良い方がいらっしゃいます。

だからこそ、これは””決意””。

忘年会ぐらいには顔を出して見せる。あとついでに漫画かく。

 

 

 

それとは別にあなたが心配するであろうことが一つ。

1年に1回サークルと疎遠になっているのに、せんぽけ続けられるの?という話。

 

どうなんじゃろ?

 

僕にはわかりません。未来がどうなるか分からないからこそ今の漫研があるのですから。

 

この点についてはイギリスの偉大な政治家でもあったウィストン・チャーチルさんも同意見のようです。

 

未来のことは分らない。
しかし、我々には過去が希望を与えてくれるはずである。

 

彼は生前にこの名言を残してくれました。

改めて言いましょう、わからなかった結果が上の通り、漫研幽霊部員です。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし逆説的に考えれば???

 

彼の言う通り私の過去を紐解けば???

 

そう、一つの光ある真理が浮かんでくるのです。

 

 

 

私にはポケモンと付き合ってきた20年の過去があります。

 

ゲームができない分、アニメでポケモン成分を補給していた幼少期。

 

小学生なりにゲームをどっぷりやっていた小学生時代。

 

本編ポケモンを全くやっていなかった中学時代も、スマブラXでのお気に入りキャラはポケモントレーナーだった(得意キャラはリュカ)。

 

高校時代はインターネット対戦を嗜み。

 

そして今。

 

 

再び””アニメを見ている””

 

 

そう。ポケモンが好きな人が集まる””この場所””

 

やめることがあろうか、否

 

せんぽけはやめません!漫研やめません!だって大好きですもの!

 

 

 

これは決意ではない。””””未来”””である。(2017/11/07 ソル)